女性作業員

業務用浄水器でサービス向上|工場に欠かせない流量計

交換は専門の会社に任せる

流量計

多くの工場で用いられる機器といえば、流量計が挙げられるでしょう。液体や気体の流量を計測する機器であり、一定速度の流量、または積算量を素早く測ることで、機器の稼働をストップさせることができるのです。熱した機器を冷まさせる冷却水や、製品加工に使用するガスの量などを正確に計測できるので、この流量計の故障一つで工場全体の業務が停止する事態も起こりかねないのです。流量計は長期間使用し続けると、内部にサビや異物が蓄積するようになります。水分中に含まれるミネラル分が配管に蓄積し、サビが発生することで電圧センサーの反応が鈍くなってしまう場合があります。また、排水中に含まれる金属粉や、微生物の増殖により発生するスライムが計測に影響を及ぼす場合もあるのです。工場での製造過程において、頻繁にトラブルが発生するようならば、流量計の故障が考えられます。専門の会社に依頼し、速やかに新品へと交換してもらいましょう。

流量計を扱う会社の中には、機器の取り付けを行なうほか、修理依頼も請け負ってくれる場合があります。配管自体の劣化であれば配管を取り替えるだけで済みますが、配管と流量計のどちらに問題が発生しているのか、素人目では分からないものです。専門の会社に見てもらうことで、流量計の機能が正常であるかどうかも判別してもらえるでしょう。配管に取り付ける流量計は取り付けも難しいものですが、専門の会社はすぐに設置してくれます。買い替えを行なう際などにも、こうした会社のサービスは利用できるでしょう。